脱毛コラム

レーザー脱毛の始まりの話│ルビーレーザー・アレキサンドライトレーザー

レーザー脱毛は、レーザーが特定の色にのみ反応する(吸収される)という特徴をいかした脱毛方法で、光脱毛同様 黒い色(メラニン色素)にのみ働きかけるもの。


レーザー脱毛のレーザーは、光脱毛よりも照射出力が強いため医療機関でのみ施術可能。脱毛完了までの施術回数も、光脱毛より少ない回数で効果が現れるようですよ。


レーザー脱毛が誕生したきっかけは ""アザの治療""


レーザーは、医療の現場では昔からアザやホクロを除去する方法として利用されていました。


そんな中、1人のある患者の目の周りにあるアザを除去する治療を行った際、アザ除去のためレーザーを照射した部分の毛が一部生えてこなくなった事を確認


そして、それがきっかけとなり「レーザーで脱毛が可能なのではないか?」と アメリカのロックス・アンダーソン博士が研究を開始したそう。


ですが、レーザーで脱毛を!という研究は簡単にはいかず、研究はあらゆる壁にぶつかりながらになったよう。


しかし 1996年 ついにロックス・アンダーソン博士から研究を引き継いだ グロスマン博士がルビーレーザーによる脱毛を成功させます。


ですが、このルビーレーザー脱毛法は白人を対象とした脱毛法だったため メラニン色素が白人より多い日本人には不適切。照射しても、照射箇所が赤く腫れただけで脱毛効果は得られないという結果に。


諦めかけていた、その翌年・・・


1997年に 物理学者のフルモト博士がアメリカで、メラニン色素の多い日本人の皮膚にも効果が得られる ""アレキサンドライトレーザー""を開発!


日本人に照射してみたところ、皮膚のトラブルやダメージもなく脱毛可能であったことから日本でもレーザー脱毛が開始され、あっという間に普及。今では、「レーザー脱毛」という言葉を知らない人の方が少ない状態に。


そんな レーザー脱毛は、毛の成長期に照射することで脱毛効果を促す働きがあるもの。脱毛完了までは 光脱毛同様2、3ヶ月に一度の施術が必要となりますが、効果実感の早い方だと、3回の施術で自己処理が必要ない状態に。


また、医療レーザー脱毛は クリニックなどで医師免許を持つものが施術してくれるので、施術時の皮膚の状態にあった照射出力で照射し、肌トラブル・アフターケアもバッチリ!安心して脱毛できるの方法が レーザー脱毛のようですね。


名古屋で人気の脱毛サロン

 

脱毛コラム

 

名古屋日記

 

イオンの株主優待