脱毛コラム

脱毛専門店での脱毛は身体に害はないの?ホントに安全?

脱毛はサロンやクリニックで!!っと 自己処理ではなく、サロンやクリニックなどの専門店で仕上がりキレイに施術してもらう人が 最近は増えてきましたね♪


サロンやクリニックで脱毛をする人が増えてきた理由には
・脱毛価格の安さ
・脱毛の効果の高さ
などがあるとは思いますが、


脱毛サロンでの脱毛といえば、多くのサロンが→光脱毛
クリニックでの脱毛といえば→レーザー脱毛


どちらも肌に直接 光やレーザーを当て、皮膚下にある 毛の毛根部分を破壊することで脱毛していく方法。


光やレーザー!!?? 
毛根部分を破壊する強い光!!!??? 
肌に直接照射!!!!????


光と言えば、紫外線が良く知られていますが、紫外線は、浴びすぎると 皮膚がんなど、大きな病気になりやすいと言われているものです。


サロンやクリニックでの施術でも 毛根をも破壊する強い光・レーザーを照射し脱毛していますが、使用される光は 紫外線と違って安全なものなのでしょうか??身体に悪影響や問題がないものなのでしょうか??


脱毛サロンやクリニックに通うか悩み中の人、また、通っている人の中にも、サロンやクリニックでの光で身体に何か問題がないものなのかと、心配される方も多いかと思います。


でも 安心してください。脱毛に使われる光やレーザーは ""赤外線""に近い光のようで身体への悪影響は特にないもののようですよ。


光の波長


赤外線とは、紫外線同様 目で見ることの出来ない光の1つで同じ光りの仲間と言えますが、この2つは"光の波長"が違います。


光の波長は、波長の長さが短ければ短いほどエネルギーが高くなり人体への影響も強くなるもの。


紫外線と赤外線の場合
波長が短いのが 紫外線。 波長が10?400nm 
波長が長いのが 赤外線。 波長が750nm?1mm


波長が長い赤外線には、熱を伝えるという性質があり、主に、電気ストーブなど暖房器具に使われることが多いもの。


そして 人の身体も熱を持つもの。微量ではありますが、身体から人も赤外線を出しているそうなんです。サロンやクリニックで照射される光やレーザーは、そんな、人の体も持つ赤外線のような波長の光で照射。


毛など黒い色にのみ反応し、脱毛には高い効果が期待できるものの、皮膚に直接照射されても 身体へ悪影響を与えたり病気になるリスクが高くなるといったことは無く、安全なもの。


注意点あり。



ただ、そんな安全な光やレーザーも1つだけ注意しなくてはいけないことが。


それは、目への影響。


日本人の目は瞳が黒く、脱毛に使われる光やレーザーが施術時に間違って目に照射してしまうと、最悪のケース 失明してしまうキケンもあります。


身体への大きな影響が無くても、サロンやクリニックの光・レーザーは取り扱い方次第で取り返しがつかないことになってしまうキケンもあるので、そこは注意してくださいね。


まあ、サロンやクリニックで間違って目にレーザーを照射してしまうなんてことは、まず考えられないし、ありえないことなので、あくまで、知識だけ持っておけば大丈夫そうですね。


名古屋で人気の脱毛サロン

 

脱毛コラム

 

名古屋日記

 

イオンの株主優待