脱毛コラム

脱毛サロンの解約:中途解約とクーリングオフ

脱毛サロンに通ってて、契約した回数が残ってるけど何かの理由で通えなくなった場合、簡単に解約ってできるのか気になります。払ってしまったお金ですが誰だって無駄にはしたくはありませんものね。



もし解約できたとして、どれくらいお金が戻ってくるのか?手数料とか、違約金みたいなお金を払わなくてはいけないのか?解約させまいと、なかなか手続きをしてくれないのか?


どうしたらスムーズに解約をできるのか調べてみました。


中途解約について


契約の途中で解約することを「中途解約」といいます。
中途解約するのには条件があり、


1、契約金額(入会金・関連商品代も含む)が5万円以上。
2、契約期間が1ヶ月以上経っている。


この2つに当てはまれば、法律上「中途解約(契約解除)」ができます。ただ、成立していた契約を途中で辞めるということは、お客さんのわたしたち(消費者)にも非があるということになるので「違約金(解約損料)」を払わなくてはいけません。


違約金は「上限2万円まで」と法律で決まっています。脱毛(施術)をする前であれば2万円、脱毛(施術)をした場合は、脱毛をやった分の料金と、違約金を払わなくてはいけません。違約金は残金の10%か、2万円どちらか安いほうを支払います。


例:全身脱毛20万円(5回脱毛コース)で2回脱毛して中途解約する場合・・・


2回分の脱毛料金、8万円はお店に支払います。
残金は12万円。
違約金は12万円の10%→12,000円 (違約金の上限は2万円)
戻ってくるお金は10万8,000円ということになります。


法律上では、このような計算になりますが各脱毛サロンによってはなかなか解約できなかったり、戻ってきたお金が極端に少なかったなんて書き込みもたくさん見かけます。


まずは契約する前に、確認しておくことがベストですね。もし、解約がスムーズにいかず困った時は自分だけ解決しようとしないで、消費者センターに相談するといいでしょう。


クーリングオフ


クーリングオフは、契約書が交付されてから8日以内なら契約解除ができるという制度です。契約した日を1日目を数えます。契約金額が5万円以上で、契約期間が1ヶ月を越えるものが対象です。


クーリングオフは、契約をなかったことにできるものなので、支払った代金は全部戻ってきます。中途解約のとき払う「違約金(解約損料)」は、クーリングオフなら払わなくてOK。


化粧品など、商品を受け取った場合でもお店側の負担で引き取ってもらえますが、自分の意志で開封したり使ってしまうと返品できません。


□クーリングオフのやり方


契約解除の通知をお店に配達記録または簡易書留で送ります。(クーリングオフは、お店に直接電話したり、来店する必要はありません)


※クレジットカードで支払った場合、ローンを申し込んだ場合は、信販会社にも同じ内容の通知を配達記録または簡易書留で送ります。


郵送する前に、自分用の控えとしてコピーを必ずとっておきましょう。証拠を残しておくことが大事です。


なんだ、クーリングオフって簡単って思っちゃいましたが、中には悪質なお店もあるので、自信がないわたしみたいな人は消費者センターで相談するのが確実です。


POINT!!


クーリングオフや途中解約ができるからって、簡単に契約はしないことが一番大事です。無料カウンセリングでしっかり内容を確認しましょう。「利用規約」は必ず目を通しましょう。と、言いつつ読んでも内容をなかなか理解できないわたし・・・


利用規約には「クーリングオフ」と「中途解約(契約解除)」について書かれているそうなので、わからなければ店員さんにわかりやすく説明をお願いしてみるのも手かもしれません。


過去に脱毛サロンやエステサロン、その他の契約や買い物などで、家に帰ってから「しまったな・・・やめておけばよかった・・・」と後悔したことのある方は、脱毛の契約をする時には、その場では契約はしないで、一度家に帰ってゆっくり考えてから、次回契約するかどうか返事をする。のように、最初から自分の中でルールを作ってしまっておくのも、無駄なお金を払わない良い方法かもしれませんね。


関連ページ

エステ脱毛にはメリットが多い?
冷却ジェルあり・冷却ジェルなしの脱毛について
脱毛サロンをどう選べば良いのか?家庭用脱毛器という選択も


名古屋で人気の脱毛サロン

 

脱毛コラム

 

名古屋日記

 

イオンの株主優待