脱毛コラム

Vラインの自己処理をヒートカッターでやるメリット・デメリット


Vライン脱毛の自己処理方法には毛を焼き切る方法もあります。


Vラインの毛は、他の毛と違い太くて濃いのが特徴ですよね。毛が太くてしっかりしている毛ですからカミソリやはさみで処理をすると、毛先の先端が鋭くなり伸びてきたときたときにどうしてもチクチクするなどという不快感を感じることがあります。


毛を焼き切ると毛先が丸くなるので、チクチクするといった不快感が軽減されます。


毛を焼き切るために使われるのがヒートカッターと言われる脱毛器具です。


自宅で簡単にできる家電商品として販売されています。価格も2000円から4000円ぐらいとお手頃価格で人気を集めているようです。


しかしながらこのヒートカッターにもデメリットはあります。


ヒートカッターのデメリット


口コミを参考にすると、煙がでたり、毛が焦げるにおいする、毛がぽろぽろ落ちるといったことがあるようです。ですから、もしヒートカッターを使うのであれば場所を選んでやった方がいいようです。毛の焦げるにおいが気になるから換気扇をつけながらトイレにこもって処理してる人もいるようです。


毛を焼き切る方法ですから火傷の心配もあるでしょうが火傷をしないように熱線が毛に触れないような構造になっており大丈夫なのですが、毛をつまんで焼きますから毛をぎりぎりまで短くすることはできません。


数本の毛を処理するような小さなヒートカッターですと処理時間に時間がかかるようなので広範囲の処理を求めるなら、処理範囲が大きなヒートカッターと選びましょう。


ヒートカッターはVラインのムダ毛の量軽減やちょいはみ出しに役立つものだと考えた方がいいかもしれません。肌からムダ毛を一切みえなくするものとは違いますね。


Vライン範囲を超えて生えているムダ毛を処理することにはむいてないようです。Vラインの範囲内に生えていて長くてはみ出してしまっている毛の処理にヒートカッターは向いている自己処理方法のようです。


関連ページ

脱毛サロンをどう選べば良いのか?家庭用脱毛器という選択も
ムダ毛の自己処理(毛抜き・カミソリ・脱毛クリーム・電動シェーバー)について


名古屋で人気の脱毛サロン

 

脱毛コラム

 

名古屋日記

 

イオンの株主優待